企業側が正社員を雇うことの意味と期待

求人誌を見ていると、企業や職種によって様々な雇用形態が存在しています。この日本には様々な雇用形態の種類があり、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト等働く人によって雇用形態を変えている場合も少なくありません。この雇用形態の視点から見ると、企業はどの様にして各社員の雇用形態に変化をつけ、それぞれに何を求めているのでしょうか。まず正社員の特徴として、雇用契約期間が存在しないため、一度正社員で採用をすると基本的は永続的な雇用契約が成立します。そのため、企業は正社員を簡単にはクビにする事が出来ない事を意味します。つまり会社の業績や悪くなり人材を減らす必要があったり、その正社員のパフォーマンスが悪い場合でも簡単には退職をしてもらう事が出来ません。そのため、企業は正社員に対して大きな期待を持ち、会社で活躍してくれる人材である場合に採用するケースが一般的です。その他に、雇用期間が定められている契約社員の場合は、契約期間が来た時に契約を打ち切る事が簡単に出来るため、企業にとってはリスクが少ない採用方法と言えるでしょう。パフォーマンスがよければ将来正社員になる事が可能な事もありますので、契約社員だからと言って会社に何も期待されていないという意味ではありません。派遣社員と違い、企業との直接雇用ですので企業の一員として働く意味では正社員と変わりは無いでしょう。派遣スタッフやアルバイトに関しては企業との直接契約ではないため、雇用期間も短い場合が多く企業にとっては最も人材を抱えるリスクが小さいを言えるでしょう。この様に書く雇用形態に求められる期待や意味は異なってきますので、そういった視点で求人を見るのも良いでしょう。