働く女性正社員が気にする夏休みと将来性とは

働く女性正社員において「夏休み」などの長期休暇が取りにくい人は将来性として子供が出来た場合の復帰にも目を向けたいところです。
企業における夏休みはお盆休みの数日であり、もっと休暇を取りたい人は他の正社員と帳尻を合わせて有給を消化して休む方法で取得している人も少なくないでしょう。独身であればそれで良いかもしれませんが、子供がいるワーキングママにとってはいずれは避けて通れない「小1の壁」とも言われる程、正社員として仕事を続けていけるかどうかまで発展する悩みでもあります。
小1の壁とは保育園までは預かり時間が長い事や、企業と同じような休みである事も多く、フルタイムの正社員でも仕事と育児の両立をする事は出来ました。しかし、小学校一年生になると、平日午後2時には自宅に帰る時間であり、学童を利用せざるをえない状況になる他、夏休みや冬休みなどの長い休みにも対応しなければならないという点です。正社員の女性は頼れる身内がいない場合には長期休暇に対処できる方法がなく、パートや休みを取りやすい部署や企業に転職する等して仕事の正念場を迎えることになります。
企業においても、今は共働きの世帯が多く、ワーキングママも強い戦力の一人とカウントする事やパパも育児に協力してほしい姿勢を見せる所も多く、長く社員に努めてもらう為にも将来性を見越して働き方を柔軟に対応する所が増えている事も事実です。夏場にはクールビズと言って、朝早く出勤して夕方に帰ったりする制度や変形労働時間を採用する所では繁忙期の日にちに多く勤務時間をあて、閑散した週には定時よりも早く帰れるようにして、1カ月当たりの労働時間を合わせるといった働き方もあります。正社員でも働き方に柔軟な所は将来性として生活スタイルにも変化がある正社員にも対応出来、長く勤めてくれる環境にしてくれます。